お待たせしました!プリントクリエイターの一括出力で「ログインユーザー」が使えるようになりました!

こんにちは、トッティです!

今日はね〜!プリントクリエイターの新仕様を紹介するよ〜!(Youtuber風)

もちろん、みなさんプリントクリエイターをご存知ですよね?kintone内のデータをキレイに帳票出力する!って言ったらプリントクリエイターですよ、ええ。もし、初めて知った!と言う方がいたら、以後お見知りおきを。

一括出力に「ログインユーザー」は使えなかった

そんなプリントクリエイターですが、従来、レコード一覧からの一括出力時の絞り込みでは「ログインユーザー」を使用することができませんでした。と、いうのも、一括出力の時には、kintoneとプリントクリエイターの接続設定で使用しているユーザー(以下、「接続ユーザー」と呼称します)の影響を受けざるを得なかったからなんですよね。

例えば、kintoneを操作し、今まさに出力を試みているユーザーが「田中」、接続ユーザーを「佐藤」とします。その場合、一括出力時の挙動は下記になります。

kintoneとプリントクリエイターの接続設定が大きく影響する

一括出力するときはプリントクリエイターのサーバを経由する以上、だれかのkintone認証情報を使って出力をしなければいけないんですよね。そうなると接続ユーザーの認証を使うので、「その絞り込み条件下で、接続ユーザーである佐藤さんが閲覧できるレコード」が出力対象となります。

これ、めっっっっっっちゃ分かりづらかったですよね!本当にすみませんでした!!m(;。_。)m

改善したので、話、聞いてもらえます?

「ログインユーザー」をまさにkintone操作しているユーザーに置き換え

では、どうなったのか、お話させていただきます。

今後はkintoneを操作しているそのユーザーの閲覧条件と同様に!

一括出力時に接続ユーザーの認証情報を使用するのは変わらないのですが、その後、絞り込み条件内にある「ログインユーザー」を自動的にkintone操作ユーザーに切り替えます。ですので、この画像の場合、田中さんが見えているレコード一覧そのままに、一括出力が可能になりました!

この場合、ご注意いただきたいのは認証情報自体は接続ユーザーである佐藤さんの情報を使っているので、佐藤さんに閲覧権限の無いレコードは見えない、出力できない、という点です。アクセス権を厳しく設定しているアプリの場合、やはり運用が難しいかもしれません。。。(^_^;)

以上です!是非、試してみてくださいね〜m(_ _)m

プリントクリエイターは30日間のトライアルも随時受け付けております!

それではまた。

トヨクモのkintone連携サービスは30日間無料でお試しが可能です。自動で課金が開始されることはございませんので、「やっぱり必要ないな」と感じた時も、特に解約等のご連絡は不要です。以下のボタンよりお気軽にお試しくださいませ。

最新情報をチェックしよう!