【kintoneでアンケート収集】webフォーム作成ツール・フォームブリッジってなに?

初めて執筆させて頂くトヨクモ2年生(?)の相澤です!とにかく喋るタイプの人間なんですが、ブログを書くのは恥ずかしながら初めてです。どうぞよろしくお願いいたします^^

さて、前回のWhat is kMailerに続き、今回は「What is 〇〇」シリーズ第2弾!
What is フォームブリッジ」ご紹介します!!
「フォームブリッジって何が出来るの?」「フォームの作成って難しそうじゃない?」などの疑問も、この記事で解消しちゃいましょう♪

この記事を読んで分かること
フォームブリッジで何が出来るのか
 kintoneのアンケート機能との違いや利用シーンがわかる
【こんな人におすすめ】

kintoneを使い始めてさらに便利に利用したい方
kintoneのアカウントを持っていない人からアンケートや情報を集めたい方
既にフォームブリッジを使ったことがあるが、知識を整理したい方

kintoneの標準機能で出来るアンケートは

kintoneの標準機能として、サンプルアプリの「アンケート」の展開で集計することもできます。

①アンケートアプリを作成します
kintoneアプリストアからアンケートアプリを選択します。

1クリックでアプリが完成しました〜!
今回は社内向けの例でご紹介しようと思うので、歯車マーク>フォームから社内用に設問の内容を変更してみます。

↓社内利用向けに設問内容を変更します

アプリを作った後でも簡単に内容を変更できるから、臨機応変に業務に組み込める。
これもkintoneの魅力の一つですよね☆

②kintoneユーザーに各自回答してもらう
さてさて、こんな形で社内アンケート用のkintoneアプリが完成しました。

各自でレコード追加してもらうことで、アンケート結果が自動的に集まっていきます♪

kintoneのグラフ機能で集計も確認しやすいので、便利ですよね〜!

【ここで直面する壁】
kintoneアカウントユーザーからしか情報を収集出来ない_| ̄|○
アカウントを与えていない社員や、不特定多数の方からアンケートを取りたい時、月額ライセンスを払ってまでkintoneユーザーを増やすのはコストが掛かりすぎてしまう。。

webフォームを使うことのメリット

①集まった回答がkintoneに自動でまとまる
紙媒体での収集はどうしても手間も時間もかかるし、入力ミスだって発生します。

kintone1環境につき1契約でOK
②ノンプログラミングで、ステップフォームや条件分岐も出来る
質問が多くなったり、高度なフォームを作る場合でも安心!
高度なフォームが簡単に作成できます

\そこで、フォームブリッジを使いましょう/
kintoneのアカウントの有無を問わず、フォームに投稿された情報を自動でkintoneに投げ込む事ができます。

フォームブリッジ

簡単!フォームの作成方法

作成に必要なものは2つだけ!どちらもコピー&ペーストするだけですよ〜

◆フォームに投稿された情報を保存したいアプリのURL
◆そのアプリのAPIトークン

さ、3ステップで作り方をみていきましょう〜!
細かい部分は割愛し、ざっくりとしたイメージを掴んでいただければと思います☆

①まずはkintoneでアンケートアプリを作る
サンプルのアプリから作ってみましょう!ワンクリックでポチ☝️

アプリが作成出来たので、フォームに必要な情報をコピーしておきます

◆作成したアプリのURL

◆フォーム作成に必要なAPIトークンをkintoneアプリから発行します。

②フォームの作成
フォームリッジの画面に移動します。
①で作成したアプリのURLと、そのアプリのAPIトークンをコピー&ペーストして、
保存ボタンを押すだけです。(え、まさかこれだけでフォーム作れるわけないよね…?

③フォームを公開する
なんと、公開の1歩手前まで出来ていました。

公開するをポチっとすると、基本のwebアンケートがもう完成しました!
kintoneで設定されているフィールドも全部フォームブリッジに反映されていますね^^

もちろん見た目の変更やアクセス制限も可能ですよ〜!
詳細はホームページをチェックしてみてください♪

フォームブリッジ活用例

ここではこれまで当ブログでご案内してきましたフォームブリッジの活用法をまとめてご紹介!!
興味があるものはぜひクリックしてご覧いただき、トライアル環境等でお試しください☆

 活用例① 
\弊社が実際に満足度調査を行った方法を公開中/

 活用例② 
\カスタマイズで住所の自動入力も可能なお申し込みフォームの作成/
★サンプルコード配布中★

郵便番号を入力するだけで、住所の入力を自動化出来ます!!

 活用例③ 
\「東京都→品川区→上大崎」みたいな階層選択も出来る/「階層選択」など、新たな3つのフィールドの使い方を紹介!

30日間、無料でトライアル可能です!

フォームブリッジに関して少しでも理解いただけましたでしょうか。せっかくkintoneを利用するならkintoneで全ての情報を管理したいですよね。そんな時に役立つのがフォームブリッジです!

「ちょっと便利そうかも!」「試してみようかな。」と思っていただけたら嬉しいです。トヨクモのkintone連携製品では30日間の無料お試しが可能ですので、ぜひお手元で試してみてくださいね!

トヨクモのkintone連携サービスは30日間無料でお試しが可能です。自動で課金が開始されることはございませんので、「やっぱり必要ないな」と感じた時も、特に解約等のご連絡は不要です。以下のボタンよりお気軽にお試しくださいませ。

最新情報をチェックしよう!
>kintone連携サービスの定番【トヨクモ】

kintone連携サービスの定番【トヨクモ】

5000契約以上(2021年4月時点)、 kintone利用ユーザーのうち、5社に1つは使われている定番のkintone連携サービス。 全6製品とも30日間の無料お試しをご用意しております。 お試しはこちらから。

CTR IMG