kintoneとRICOH kintone plusの違いを徹底比較!特徴を知って最適なものを選ぼう

RICOH kintone plusはリコーが提供するクラウド型の業務アプリケーションツールです。RICOH kintone plusはどのような特徴があり、通常のkintone(キントーン)とどう違うのでしょうか。

今回は、kintoneとRICOH kintone plusの違いを比較するとともに、それぞれに最適な企業の特徴などをまとめました。今後、どちらかの導入を検討している、またはkintoneからRICOH kintone plusへの切り替えを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

kintoneとは

kintoneは、ノーコードで簡単に業務アプリを作成/運用できるクラウド型プラットフォームです。データベース、フォーム、ワークフローなどを組み合わせることで、顧客管理や営業支援など、さまざまな業務を効率化できます。

シンプルなインターフェースで、自社の業務形態に合わせたアプリを簡単に作成できるため、専門的な技術や知識を持ち合わせていない場合にもおすすめです。

kintoneの主な機能

kintoneの主な機能は、以下のとおりです。

  • ノーコードアプリ作成
  • データベース管理
  • ワークフロー構築
  • 連携機能
  • セキュリティ機能

ノーコードでの業務アプリ作成はもちろん、データベースの管理やワークフローの構築なども行えます。

kintoneには豊富なプラグインや連携サービスなどもあり、欲しい機能に合わせたものを導入することで、より便利に使えるでしょう。また、連携機能やセキュリティ機能なども備わっています。

RICOH kintone plusとは

RICOH kintone plusは通常のkintoneにリコー独自の機能を追加した、リコーが提供する業務アプリケーションツールです。kintoneの基本機能に加え、リコー複合機との連携機能、自動採番、帳票作成機能などを標準搭載しています。

kintoneの機能は基本的にすべて利用できるため、追加でリコー独自の機能を使いたい方に向いています。

RICOH kintone plusの主な機能

RICOH kintone plusの主な機能は、以下のとおりです。

  • kintoneの基本機能すべて
  • リコー複合機との連携機能
  • 自動採番機能
  • 帳票作成機能
  • リコーオリジナルプラグイン

kintoneの機能に加え、リコー複合機との連携機能やオリジナルのプラグインが利用できます。豊富な機能を備えており、自動採番やデータの検索を行いたい場合にもおすすめです。

kintoneとRICOH kintone plusの主な違い

ここでは、機能面と費用面から、kintoneとRICOH kintone plusの違いを紹介します。

機能の比較

機能の比較は、以下のとおりです。

機能 kintone RICOH kintone plus
ノーコードアプリ作成
データベース管理
フォーム作成
ワークフロー構築
連携機能
セキュリティ機能
リコー複合機連携 ×
自動採番
帳票作成
リコーオリジナルプラグイン ×

どちらもノーコードでのアプリ作成やデータベース管理、フォーム作成などが行えます。

RICOH kintone plusにはオリジナルのプラグインが4種類あり、帳票の作成や自動採番などがより簡単にできるのが特徴です。また、リコー複合機と連携して使用できるのもRICOH kintone plusのみとなります。

価格の比較

次に、価格を比較してみましょう。

コース kintone RICOH kintone plus
ライトコース 780円(税別)/1ユーザー なし
スタンダードコース 1,500円(税別)/1ユーザー 1,500円(税別)/1ユーザー
(ゲストユーザー:1,200円(税別)/1ユーザー)

※2024年6月時点での価格です(2024年10月1日に価格改定予定)。

kintoneにはライトコースと呼ばれる安価なコースもありますが、RICOH kintone plusはスタンダードコースのみです。スタンダードコースの価格はどちらも同じで、RICOH kintone plusのみゲストユーザーの場合は価格が少し安くなります。

また、どちらも30日間は無料で使用できるので、試してから導入を検討したい場合にもおすすめです。

kintoneとRICOH kintone plusどちらを使うべき?

kintoneとRICOH kintone plusには、それぞれ異なる特徴があります。ここでは、kintoneとRICOH kintone plus、それぞれ利用をおすすめする企業の特徴についてみていきましょう。

kintoneがおすすめな企業

kintoneは中小企業や個人事業主、業務効率化をこれから始めたい企業など、以下のような企業におすすめです。

  • 業務効率化をこれから始めたい
  • 低コストで導入したい
  • シンプルな機能で十分
  • リコー複合機を利用していない

シンプルで使いやすいので、初めて業務アプリを作成/運用したい場合にも向いています。

RICOH kintone plusがおすすめな企業

一方、RICOH kintone plusは以下のような企業におすすめです。

  • リコー複合機を利用している
  • 自動採番や帳票作成機能が必要
  • リコーオリジナルプラグインを活用したい

リコー複合機との連携機能や自動採番、帳票作成機能などを備えているため、リコー複合機を利用している企業や、より高度な機能を求める企業にはとくに向いています。

RICOH kintone plusで使える4つのオリジナルプラグイン

RICOH kintone plusで使える4つのオリジナルプラグインを紹介します。ここで紹介しているプラグインは、RICOH kintone plusの基本機能として備わっているものです。

1.RICOH 自動採番プラグイン

RICOH 自動採番プラグインは、レコードに自動的に採番を行うプラグインです。たとえば、日付、部署名、連番などを組み合わせた採番形式を設定しておくと、一意性の高いレコードIDを生成できます。

採番形式の設定や採番プレフィックスの設定のほか、重複のチェックも行えます。自動採番をしたい方にとっては、非常に便利なプラグインです。

2.RICOH カンタン検索プラグイン

RICOH カンタン検索プラグインは、アプリで簡単に検索を行えるプラグインです。従来のkintoneでは、複雑な検索式を作成する必要があったものの、このプラグインを使うと直感的な操作で目的のレコードを見つけられます。

フリーワード検索や絞り込み検索、条件検索や保存検索などの機能が備わっているため、検索が非常に便利になるでしょう。

3.RICOH 帳票作成プラグイン

RICOH 帳票作成プラグインは、レコードデータを基にしながら、帳票を自動的に作成するプラグインです。請求書、見積書、納品書など、さまざまな帳票フォーマットを作成できます。

帳票フォーマットの作成をはじめ、レコードデータの取り込みや帳票出力なども可能です。帳票作成を手軽に行いたい場合は、積極的に活用しましょう。

4.RICOH PDFビューアープラグイン

RICOH PDFビューアープラグインは、添付されたPDFファイルのプレビュー表示を可能にするプラグインです。これにより、ローカルにダウンロードせずともPDFの閲覧ができるため、より使い勝手がよくなるでしょう。

まとめ:最適なプラットフォームで業務を効率化

今回は、kintoneとRICOH kintone plusの違いについて解説しました。主な違いは、リコー複合機との連携の可否やオリジナルプラグインが使えるかどうかです。どちらが最適かは、業務内容、課題、予算などを考慮して判断する必要があるでしょう。

業務の効率化を目指している方は、ぜひ本記事を参考に、kintoneやRICOH kintone plusの導入を検討してみてはいかがでしょうか。


⭐️トヨクモ kintone連携サービスのおすすめポイント⭐️
・kintone標準機能ではできない業務改善を実現
・カンタン・低コストで運用可能
・kintone1ドメインにつき1契約でOK
・10,000契約以上の実績・信頼
・30日間の無料お試しは何度でも可能