kintoneの顧客情報からGoogle mapを開き行き方を確認する

こんばんは、トッティです。

金曜です、TGIF!

 

さて、今日は表題の通りkintoneの中にある住所情報を用いてgoogle mapを開きたいと思います。否!開くだけでなく行き方も同時に調べましょう!

早速ですが、下記がサンプルです。

条件:顧客情報アプリ内の住所フィールドのフィールドコードを「address」 とする。

<br />
(function () {<br />
    &quot;use strict&quot;;<br />
    kintone.events.on('app.record.detail.show', function (event) {<br />
        if (document.getElementById ('my_index_button') != null) {<br />
            return;<br />
        }</p>
<p>        var address = event.record.address.value;</p>
<p>        var myIndexButton = document.createElement('button');<br />
        myIndexButton.id = 'my_index_button';<br />
        myIndexButton.innerHTML ='&lt;a href=&quot;https://www.google.co.jp/maps/dir/千代田区四番町7-5/'+address+'&quot;target=&quot;_blank&quot;&gt;行き方を見る!&lt;/a&gt;';</p>
<p>         kintone.app.record.getHeaderMenuSpaceElement().appendChild(myIndexButton);</p>
<p>    });<br />
})();<br />

はい、こちらGoogle mapのAPIを使っているわけでも何でもなく、URLの中に自社の住所と顧客の住所を埋め込んでいるだけです。
“https://www.google.co.jp/maps/dir/スタート地点/ゴール地点/”にアクセスすることで、行き方をGoogle mapで表示できるわけですね。自社住所をJavaScript内に元々記載し、顧客住所をkintone内から引用する。簡単ですよね。

実際の動きは下記です。

kiintone_to_Googlemap
ぽちっと押せば地図!

お試しの際は、12行目の住所を自社住所に変更して使ってくださいね。

twitterLINE、Google mapと進歩がない感じですね。次は違うことに挑戦します。

 

それではまた。

 

トヨクモのkintone連携サービスは30日間無料でお試しが可能です。自動で課金が開始されることはございませんので、「やっぱり必要ないな」と感じた時も、特に解約等のご連絡は不要です。以下のボタンよりお気軽にお試しくださいませ。

最新情報をチェックしよう!
>kintone連携サービスの定番【トヨクモ】

kintone連携サービスの定番【トヨクモ】

5000契約以上(2021年4月時点)、 kintone利用ユーザーのうち、5社に1つは使われている定番のkintone連携サービス。 全6製品とも30日間の無料お試しをご用意しております。 お試しはこちらから。

CTR IMG