【ジョイゾー×トヨクモ】3年目のセンパイにkintoneの学習方法を教えてもらおうの会!

こんにちは、インターン生の丸田です。
今回は、サイボウズパートナー企業の株式会社ジョイゾーさん(以下、「ジョイゾー」)とのコラボ記事でございます!

題して、「3年目のセンパイにkintoneの学習方法を教えてもらおうの会」!!

ジョイゾー新卒3年目の小渡さんと、トヨクモ新卒3年目の中井の頼れるセンパイコンビに、ジョイゾー新卒1年目の木野宮さんとトヨクモインターン生の戸田と丸田がkintoneについてのあれこれをインタビューしました。

kintoneの学習方法がわからない、使い方がわからない、そんな初心者の方におすすめの記事となっております!

会社紹介

それぞれの会社と、頼れるセンパイの紹介です!

ジョイゾー

ジョイゾーでは、エンジニアによる対面でのシステム開発サービスを提供しています。特にkintoneを活用したシステム構築を得意としており、初回無料の定額制対面開発サービス「システム39」は「CyPN Report 2022 インテグレーション部門 最高評価」「CYBOZU AWARD 2022 インテグレーション部門賞受賞」と素晴らしい実績と信頼のあるサービスです。
サービスについて後ほど詳しく記載します。

小渡拓
ジョイゾー初の新卒社員として2020年に入社。当時はITの知識はなかったものの、技術で課題を抱えた人に寄り添っていきたいという思いや地元を想う気持ちがジョイゾーとの出会いに繋がったそうです。現在は広報としてブログやプレスリリース、「スナックジョイゾー」の運営などを担当しています。
今回のインタビューは地元の北海道からリモートで参加していただきました。
丸田は個人的にこちらのブログに非常に心揺さぶられました。小渡さんの思いやお人柄に触れることができます。お時間ある方はぜひ。

トヨクモ

トヨクモではkintoneに連携して利用できるサービスを6製品と、災害時などに社員の安否をオンラインで確認できる「安否確認サービス2」、社外の人と日程調整が可能なグループカレンダー「トヨクモ スケジューラー」を提供しています。

中井 康喜
2020年新卒入社。右も左もわからない中kintone連携サービスの導入支援の業務から始まり、ブログ執筆や他サービスの広告担当などを経て各製品のプロモーションチームで活躍中です。また、kintone歴わずか2年6ヶ月でkintone認定カイゼンマネジメントエキスパートの資格を取得しています。スゴい文系です。

kintone初心者がインタビュー

kintone初心者枠は、トヨクモインターン生の戸田と丸田です。あたたかい目でお読みください。

1 kintoneを導入したら、まず何をすればいいですか?
中井
目的を整理してまず触ってみることが良いと思います!
小渡
身近な業務で使ってみるスモールスタートがいいと思います!最初は特に挫折しやすいので、ちっちゃく使い始めてみてください。
2 kintoneを初めて触った時にどのようにして機能や使い方を学びましたか?
中井
僕の入社時は、上司から「便利に使おうガイドブック」を共有してもらい、一通り触りました。
小渡
とにかく他の人が触っているkintoneを見ました。システム39の同席など先輩が触っているのを見る機会が多かったんです。細かい機能面はわからないので、kintoneのヘルプサイトや「便利に使おうガイドブック」、各社のブログ(キントマニアkintoneappBLOGkrew)を参考にとにかく自分で触ってみてました。
中井
システム39で先輩社員の横で見ていたっていうのはどういう部分を学んでいたんですか?
小渡

システム39はお客様の目の前でアプリの構築を行うので、ゼロイチの部分をよく見ていました。kintoneはまっさらな状態から始まるので「何のフィールドを選択して、どう配置していくのか」というようなことを感覚的に学んで真似して身につけていったという感じです。Slerの職場ならではかもしれないですね。

3 kintoneを使用する中でつまづいた(わからないことがあった)際にどのように対処していましたか?
中井
kintoneヘルプサイトで頑張って探していました。
小渡
やっぱりまず検索しますよね。僕も入社した当時はヘルプサイトや個人のnoteを探してました。でも今はとにかく公式個人問わずに情報が豊富なので気になったら調べるといいと思います。
3-1 探してもやっぱりわからない!ってなった場合はどうしていましたか?
中井
具体的なアプリの作り方みたいな応用の部分はなかなか出てこなかったので、そういうときは先輩に聞いていましたね。
小渡
その部分は同じです。たまに機能面でも情報が出てこないものもあって、そういう場合に先輩に聞くと解決できたので、やはり経験値が必要かな、と思います。
4 kintoneのHPなどを見るとできることが多すぎて何から始めればいいかわからないです。「まずはこれから始めてみるといい」というようなことはありますか?
中井
kintoneを体系的に学べるアソシエイト試験の対策動画がYoutubeにあがっているので、真似して設定してみると良いと思います。今年のkintoneチーム新卒3名は、アソシエイト対策動画で勉強して、7月までに3人ともアソシエイトに合格しました。
それから、自分の身の回りの業務(タスク管理など)をkintoneで管理してみると、慣れると思います。中井の場合は、全然何もわからない状態で、先輩に教えていただきながらお昼休憩管理のアプリを作成しました。
小渡
どれでもいいので一度セミナーに出てみるのがいいかもしれません。ただの製品紹介だけでなく、具体的な事例を交えて教えてくれるものや機能に特化したセミナーもあるので、最初のイメージをつけるためには効果的です。デモを見せてくれて、こういう動きをするんだよ、こういう考えで作ったんだよっていうのを教えてくれるのでかなり勉強になると思います。
1から作るのは大変なので、他の人が作ったもの、もしくはテンプレートのアプリをまずは使ってみるというのも一つだと思います。使っているうちに、項目が業務に合わなかったり、管理したい方向性が見えてくると思います。こういう機能が欲しいな、とかこの機能はいらないかな、など違和感のある部分が自分で作るときのヒントになります。
4-1 ちなみに中井さんの作ったアプリ見せていただいても?


中井
保存を押すとその人のレコードができて、「お昼休憩に行く」を押すとチームの人に通知が行く、みたいな。「休憩から戻りました」を押すとまたチームの人に通知が飛んでいく仕組みです。例えば、セールス担当がリモート出社とかでも、今あの人休憩行ってるから自分はちょっとずらそうかなって考えられるんです。
小渡
いいアプリですね!あんまり自分で入力する場所がなくて、ほぼ押すだけなので、シンプルでわかりやすいです。
中井
さすが!ジョイゾーさんならではの視点ですね。
5 自分達のように既にkintoneを導入している企業に入社して学ぶ人と、これからkinotneを導入しようとしている企業で担当する人では学習方法は変わると思いますか?
中井
変わると思います。
小渡
変わる気がします。
身近に聞ける人がいるか、いないかで取り組み方の変化があると思います。
身近に教えてくれる人がいると、アウトプットもインプットも速度が上がります。ただ身近にそういう人がいない場合でも、各コミュニティを活用する方法もあるので、一概に手段がない、という訳ではないと思います。専門家にお願いするとかも選択肢としてはありますし。
5-1 ちなみに、コミュニティってどんなところがあるんですか?
小渡
大きいところでいうと、kintone Caféキンコミcybozu developer networkですね。kintone Caféはサイボウズさんが主催しているわけではなくて、kintoneユーザーの方やベンダーさんが運営しているコミュニティなんです。kintoneにまつわるセッションやディスカッションみたいな活動をしていたり、SNSでもやりとりしたり、個別に勉強会を開いていたりしています。
kintoneについて気軽に聞ける先輩を社外に作るイメージに近いです。
キンコミはサイボウズさんが主催しているコミュニティで、掲示板のような形で活動しているそうです。cybozu developer networkもサイボウズさんが主催で、開発者向けのコミュニティですね。
中井
スナックジョイゾーもありますよね。
小渡
あれをコミュニティといっていいのかはちょっと不安になるんですけど。(笑)
多分他のコミュニティに比べるとちょっと異質というか。スナックのオーナー、ママとして経営陣が参加したり、kintoneとあまり関係のない話題で盛り上がったりしてるので。この間もトヨクモさんから5名来ていただいたの、嬉しかったです。
中井
敷居が低い分、友達に共有するくらいの感覚でアウトプットできるのがいいですよね。もしkintoneについて身近に教えてくれる人がいない方でもスナックジョイゾーのようなコミュニティであれば聞きやすいかもしれないですね。
6 テンプレートに思い通りのものがなく、自分で考えて1からアプリなどを作ろうとした場合に思った通りに構成できないのですが、どうしたら解決できますか?
中井
やっぱり目的やターゲットを明確にして、テンプレートでなく「はじめから作成」してみると良いと思います。
小渡
そうですね、最終的に何に使いたいものなのか、どういうデータが欲しいのかを作る前に洗い出しておくのがいいと思います。あとはkintoneの良さは後から直せることなので、70%作ったらもう使い始めてしまうのも大切です!
中井
この前の「CybozuCircus大阪」の基調講演で青野さんがおっしゃってましたよね。失敗するのが当たり前なので、6~7割くらい作ったら使い始めて、気になったところはすぐ直すみたいに繰り返して開発したほうがいいみたいな。
小渡
最初から100%を目指さないっていうのは大事なことですね。
7 kintoneアソシエイト試験に向けて勉強しようと思った時にまず最初にするべきことは?
中井
僕のブログを読んでください。(笑) あとは、Youtubeの対策動画を見るのと公式テキストを読んでもらうのがいいかなと思います。
小渡
中井さんのブログを読んでください!(笑) それから、アソシエイトの公式サイトにも練習問題が40問くらいあるのでやってみるといいと思います。もし普段業務で触れなくてイメージできない機能があったらそれは実際に手を動かしてみるしかないですね。あとは、開発者ライセンスを取ろうとするとkintoneのデモ環境が無料で使えるので、申し込んで練習してみるのもおすすめです。ちなみにこちらは、cybozu developer networkから申し込みが可能です。
8 実際に業務改善としてアプリを作ったり編集したりする時に気をつけていることや考えていることはありますか?
中井
何度も繰り返してしまいますが、一番大切なことは目的を明確にすることだと思います。
最初の頃はこういうアプリあったほうがいいなっていろんなアプリを作っていたんですけど、後から見直した時に不要だなと思うものが結構ありました。だからこそ、企画の段階でしっかり目的を詰めてから手を動かした方がいいと思いました。最近はもう少し進んで、ルックアップ、関連レコード一覧を使ったアプリ間の連携を意識しています。
小渡さんはどうですか?
小渡
やっぱりkintoneを使っていくと、同じような内容のアプリが大量にできがちなんですよね。そこは定期的な棚卸しなどで対応しています。
中井
ちなみに棚卸しはどのようにされていますか?
小渡
まずはデータを移行して1つのアプリに集約します。さすがにアプリ削除は怖いので一旦アーカイブにして権限を全部切って触れなくしています。ゆくゆくは削除の方向でって感じで進めてますね。
中井
いい方法ですね。あとからあのデータ欲しいですってことはあるあるですから。

kintone中級者がインタビュー

中級者編は、ジョイゾー新卒1年目の木野宮さんが担当してくださいました!

1 kintoneやフォームブリッジの使い方を学ぶ時、横について教えてもらう方がわかりやすいと感じています。学ぶときに用意した方がいいもの、いい環境などはありましたか?
中井
僕の場合は設定動画や記事(操作ガイドやヘルプサイト)をみて真似して設定するとスムーズに設定できる気がします。
トヨクモ製品は僕が学ぶときは操作ガイドどころかヘルプサイトや動画はもちろんなく、スプレッドシートに頑張って各機能をメモしていました…今は本当に便利になりました。
C列に各種機能をメモしていたそうです。努力の跡…
 →社内FAQ(kintoneアプリ)化が進んでこのシートは不要になりました。
小渡
僕も当時は機能を紹介しているブログのリンクをWordにまとめて持ってたのを思い出しました。最初に触った連携サービスがフォームブリッジだったのですが、フォームブリッジを切り口に、kintoneの学びを進められました。大変でしたが、良かったと思うことも多いですね。
中井
操作ガイドやヘルプサイトがないので、機能や設定方法がわからなかったらその会社に問い合わせするしかないですもんね。
小渡
本当、そんな感じで。今は本当に情報が豊富なので、新入社員の方にはサイトをみてもらうようにしています。社内でのマニュアルもあったほうがいいと思うのですが、困った時にどこをみてもらうかを共有できているほうが教育担当が離れた後もやりやすいかなと。
中井
一方で、操作ガイドが整いすぎて自分の中に落とし込みにくくなっている側面もあるかもしれないですね。つまづくこと自体が減って、自分で悩む時間がないから。
特に僕らのようなチームでは必要な時に必要な知識がわかればいいので、余計に知識の定着は難しいかもしれないです。
でもジョイゾーさんのようにお客様の目の前で構築するとなると、お客様の目の前で調べるわけにはいかないからちゃんと覚えないといけないですよね。
小渡
しかも、お客様の業務に合わせて技術を転用しないといけないので、覚えるだけでなく自分のスキルとして落とし込むのが一番大事ですね。
お客様にも教えながら開発するので、人に説明するっていうのも自分の中に落とし込む方法の一つになるんじゃないかな。
2  ルックアップや関連レコード、フィールドコードなどkintone特有の設定がとっつきづらいと感じます。どうやって乗り越えましたか?
中井
サイボウズさんが出している資料や、kintone界隈の方々が出している記事や動画を確認して、真似して設定してみるのが効果的だと思います。本当にわからなかったら、小渡さんに聞いてみてください。
小渡
中井さんと同意見です。あれは触らなければ理解するのは難しいですね… 。知識の部分は動画やセミナーをたくさん見るのも方法の一つですね。
「これ何に使えるんだろう?」がうまく自分の業務と結びつくと、ハードルを越えられるかもしれません。特にフィールドコードなんかは普段kintoneだけを使っている人にとってはあまり効果を感じない部分なんですけど、フォームブリッジとかkViewerを使うようになると意識することが多くなるんですよね。kintoneだけじゃなくて、外部のサービスを触っているうちに理解できる範囲が広がるかもなと思いました。
中井
おっしゃる通りだと思います。
まさに、小渡さんが例に出してくださったフィールドコードは、僕自身もフォームブリッジやkViewerを使うようになってから「これってこのためにあったんだ!」って気づきました。自分で気づくからこそ一気に学びが深まるのはありますよね。
小渡
そこに気づいてもらうためには先輩社員が「ここ、こうしたほうがいいよ」って先回りして言ってあげると良いんですよね。最初は言われた通りやってもらって、あとで「先輩が言っていたのはこういうことか!」って気づいてもらうみたいな感じで。
中井
まずは触る、これに尽きますね。
3  kintone認定資格を取ってよかったと思うことはありますか?
中井
2つあります。1つは、kintoneを体系的に理解することができるので、自分の中で基礎的な部分の理解が深まります。
もう1つは、「この人なんか凄そう」感が出ます。(笑) 界隈の方とイベントなどで話が弾んだり、初心者の方からも「kintoneのことがわかっている人なんだろうな」と思っていただけます。勉強してよかったなと思ってますよ!
小渡
そうですね、アソシエイト試験ではこんなの何の役に立つんだっていうような細かい部分を学ぶんですけど、あとからkintoneを使っているうちにじわじわ役に立ってくるんですよね。
例えば、csv関係でエラーが出てきた時も、アソシエイトの対策をやっていると「この辺がダメなのかな」って予測して修正できるようになります。トラブルシューティングがしやすくなるというか、後から効いてくるのが認定資格試験なのかなという風に思っています。
4  アプリの管理や設定を業務の中ですることがあまりなく、わからないことがわからない状況です。どう解決すれば良いと思いますか?
中井
そもそもkintoneって業務改善をするための手段の1つでしかないんですね。無理に全部一気に勉強をしないといけない訳ではないので、必要な時に必要な箇所を覚えていけば良いかなと思います。
もし、この機能を勉強してみようってなった時に自分で解決できなさそうなら、周りの先輩やkintoneのLINEのオープンチャット、Twitterとかで質問すれば誰かしら教えてくれるので聞いてみてください。
小渡
中井さんがおっしゃったことは本当にそうだと思います。とにかくkintoneに触って慣れていくことがいちばんですね。
先輩としてやるべきことではあるんですけど、kintoneを少し変更したいな、新しい管理をしたいなと思った時に積極的にお願いして任せていくことをしないといけないですね。自分で勉強するって難しいので、場数を増やして、その中でつまづいたことがあれば先輩に聞くなりして解決してもらうという形で知識と経験を落とし込んでほしいです。
中井
先輩としても、後輩が経験できる場を増やしていく必要があるということですね。

kintoneを触り始めた人にメッセージ

中井
改善したい業務を明確にして、目的をもって、どんどん触ってみることが大切だと思います。誰でも失敗するのでとりあえずやってみることがポイントです!
小渡
kintoneこわくないよ!っていうのをまず伝えたくて(笑)
kintoneが難しいというというより、業務に合わせて使うのが大変なだけで、そこを乗り越えられたら何にも負けないツールになると思ってます。

後輩たちからひとこと

木野宮(ジョイゾー):kintoneを使いこなすために、まずはインプットしなきゃ!と思いがちですが、むしろインプットした後が大事で、たくさん触ってアウトプットする機会を増やすことが大事なのだと感じました。
勉強のための教材やコンテンツも充実していますし、すぐに聞ける先輩がいるという強みを活かしてkintoneを使いこなせられるよう頑張ります!

戸田(トヨクモ):お二人の話を聞いてkintoneを使いこなせるようになるためには、とにかく自分で色々手を動かしてみることが大事なんだなと思いました。
さらに、闇雲に手を動かすのではなくて「kintoneで何をしたいのか目的を明確にする」ということも肝に銘じておこうと思います。1つ上の先輩方は入社してから約4ヶ月でアソシエイトに合格されたとのことだったので、僕たちも負けないように来年頑張ります!

丸田(トヨクモ):kintoneは本当に奥が深いんだな、ということと、私たちは本当に恵まれているなと感じた時間でした。先輩方が本当に苦労して習得した知識や経験をブログや動画の形で共有してくださるからこそ、私たちが学べるという素晴らしい循環に感謝しかありません。
これからもkintoneに積極的に触れて、学んで、まずはアソシエイト試験に合格ということを目標に頑張っていきたいと思います!

ジョイゾーさんをもっと詳しくご紹介!

システム39

「kintone(キントーン)を活用した初回無料の定額制対面開発。目の前で、2時間3回で、39万円で。」
こちらのサービスでは、kintoneの認定上位資格「アプリデザインスペシャリスト」、「カイゼンマネジメントエキスパート」を取得した開発スタッフがお客様の目の前で課題やお悩みをヒアリングしながらkintoneでシステム(アプリ)を開発します。
初回の相談と開発は無料ですので、お気軽にお試ししてみるのはいかがでしょうか!
オンラインでも相談可能なので、東京のオフィスに出向かなくても、移動する時間がなくても安心です♪
詳しくはこちら

キントマニア

ジョイゾーのkintoneオタクのみなさんが楽しくkintoneを学べるブログを開設しています!
各種プラグインについてもたくさんのノウハウを紹介してくださっているので、「kintoneいまいちわからない…」という方だけでなく、「プラグインも興味あるけどたくさんありすぎてわからない」というあなたにもピッタリのブログです。
ぜひ足を運んでみてくださいね。
キントマニアはこちら

ジョイゾーコーポレートサイト

ジョイゾーがどんな想いでサービスを提供しているのかを知ると、あなたもジョイゾーのファンになっちゃうかも!?
サービスの事例集やセミナー情報もあるので、「システム39」だけでなくもっと知りたいそこのあなたはぜひ。
個人的にはUIがとても好みです!おしゃれ!
詳しくはこちら

スナックジョイゾー

毎月第三金曜日に実施している「スナックジョイゾー」。
kintoneのお悩みだけでなく、毎回面白いテーマで楽しくおしゃべりしているそう。
いいな、楽しそうだな…と思ったそこのあなた!
ぜひこの機会に参加されてみては!?
詳しくはこちら

トヨクモ製品の紹介もすこしだけ!

トヨクモではkintoneをより便利に使うための連携サービス(プラグイン)を6製品提供しています。
今回のインタビューで登場した「フォームブリッジ」「kViewer」について紹介します!

フォームブリッジ

kintoneへ回答データが自動で保存されるwebフォームを作成できるツールです。kintoneのアカウントがない人でも回答が可能なので、イベントの申し込みや社内アンケートなど使い方は無限大です!

kViewer

kintone内にある情報やデータを外部公開できるサービスです。社外はもちろん社内のkintoneライセンスを持たないメンバーにも情報開示が可能となります。業績推移グラフや会員マイページなどがマウス操作でカンタンに作成できます!

残りの4つのサービスはこちらから

さいごに

kintoneはとにかく触って、勉強し続けることが大切だと学びました。

kintone初心者だったはずのセンパイたちもまた、kintoneを毎日触っているからこそこんなにも頼もしい存在になっているんですね。わたしたちも頼れるセンパイになるべくコツコツがんばります!


⭐️トヨクモ kintone連携サービスのおすすめポイント⭐️
・kintone標準機能ではできない業務改善を実現
・カンタン・低コストで運用可能
・kintone1ドメインにつき1契約でOK
・10,000契約以上の実績・信頼
・30日間の無料お試しは何度でも可能