【実録】kintoneと連携サービスで、外部との日程調整を効率化する。

みなさん、こんにちは。11月11日(木)にリリースいたしました新しいグループスケジューラー「トヨクモ スケジューラー」ですが、 もうお試し版など触っていただきましたか?「トヨクモ スケジューラー」の詳細については、ブログヘルプサイトでご紹介しておりますので、是非ご覧いただけますと幸いです。

・kintone導入中 ・GoogleカレンダーやOffice365などで日程調整している。
・他社のスケジューラーを入れているけれど、外部との日程調整に時間がかかる。
・でもどのスケジューラーサービスも一緒だろうし仕方ないよな…

上記に当てはまる方は、日程調整の新時代を築いていく「トヨクモ スケジューラー」を是非ご利用ください。

kintoneヘビーユーザーであるトヨクモの悩み

トヨクモでは「トヨクモ スケジューラー」を開発する前、別のスケジューラーサービスを使っていました。とても使いやすいサービスだと思っていましたが、 従業員数が増えたり、web会議が主流になってきてから、大きく3つの課題に直面しました。

【その1】面接やweb会議で社外の方と日程調整する際に、バッティングしてしまった。

面接もweb会議も社外の方と日程を調整します。 この時にこのようなメールを送って日程を調整していました。


お世話になっております。
トヨクモの田中でございます。

web会議でのお打ち合わせですが、以下ご都合いかがでしょうか。
時間は1時間とさせていただけますと幸いです。

①11月11日 10:00〜11:00
②11月12日 10:00〜11:00
③11月13日 10:00〜11:00

宜しくお願いいたします。

こういったメールをA社、B社と複数社に送った時に A社、B社ともに「①11月11日 10:00〜12:00 が希望です。」と送ってきて、「うわ。バッティングしてしまった…! 」という経験ないでしょうか? バッティングしてしまった時、 田中さんから佐藤さんに「B社のweb会議代わって欲しいです。」と依頼したりするのも なんか申し訳ないですよね。
そして、1回送った自分の空き時間に対し、お客様がここなら!と返信してくださったのに web会議を代わってくれる社員がいなくて、 「すみません。別の予定が入ってしまったので他にご都合よろしい時間はありますか?」 とまたメールで連絡して調整するのもお互いに手間が生じますよね。

【その2】社外の方とWeb会議する際に、web会議URLを発行することが面倒

web会議の際に、GoogleやZoomにログインをしてその都度、接続URLを発行する作業を行っていました。 そして、その予定をスケジューラーサービスに登録するという転記作業も面倒に感じていました。

【その3】外出先で予定を調整したいが、スマホで予定調整しづらい

スマートフォンで予定を調整する際、PCと見た目が異なるので使いづらい。 複数人の予定を確認する際、1人1人の予定を開いて、空いている時間を探すのが面倒だな。 こんなことを感じていました。

そんな弊社の悩みから新製品を作りました!

「トヨクモ スケジューラー」は、当社がスケジューラーサービスを使っていて直面した課題を解決するために開発しました。 構築からリリースまで約2年の月日を経て、2021年11月11日にリリースしました!! ここからは上記3つの課題を解決した実録をご紹介します。

自分の空き時間をリアルタイムで共有できるから、バッティングを防げる

「トヨクモ スケジューラー」では、自分の空いている予定や複数のメンバー全員が空いている予定を社外の人にシェア(共有)できます。

「空き時間をシェア」の「社外との日程調整ページを作成」より、
自分の予定を社外の人に公開し、 空いている時間にweb会議日程を登録してもらうことができます!

A社とB社に自分の予定を共有し、A社が先に「11/22 11:00〜12:00」に登録します。
そして、後々B社が日程調整ページのURLにアクセスをすると、
A社が登録した予定の「11/22 11:00〜12:00」の時間帯が 「選択不可」と表示されます。
この空き時間をシェア、社外との日程調整ページをシェアすることにより、
A社B社と予定がバッティングしまう…という課題を解消できます!!

自動でweb会議URLを発行できる!

「トヨクモ スケジューラー」は今の時代では欠かせないweb会議ツールとの連携が可能となります。
※11/18時点では、GoogleMeet連携のみ実装されています。
Zoom、Microsoft Teamsは今後連携を予定しております。

当社では、社員1人1人がGoogleアカウントを持っていますので、ボタンワンクリックで連携して、MeetのURLを発行できるようになるのは
本当に便利になります。
お客様とのweb会議の予定を登録する際、ボタンワンクリックでMeetのURLやZoomのURLが「トヨクモ スケジューラー」にも登録されるのが嬉しいです!!

スマホでもカンタン!

iOS、Androidの専用アプリケーションもリリースしています!ブラウザーの画面での操作と同じ操作が可能です!
・グループ表示でAさんBさんCさん、複数名の予定を確認できるようになった
・AさんBさんCさん、複数名の空いている時間を一目で確認できるようになった
この2点がすごく嬉しいです!!

 

「トヨクモ スケジューラー」その他の魅力

「kintone」とも連携できる!

さらに、サイボウズ社の「kintone」と「トヨクモ スケジューラー」は連携ができます。 具体的になにができるのかといいますと… 「kintoneと連携することで、kintoneアプリの情報をカンタンに予定に引用できます!!」
顧客アプリと紐づけて、「訪問」という予定タイプを選択して、会社名(A社)を検索すると、 kintoneの顧客アプリからデータ検索をして、A社の住所や電話番号、レコードURLを予定に引用できちゃいます。

6,000契約以上の実績がある、トヨクモのkintone連携サービス注目の新製品

トヨクモのkintone連携サービスは、現在6,000契約以上の実績があります。 kintoneの契約社数21,500に対して
6,000以上となるので、単純計算で4社に1契約は トヨクモのkintone連携サービスをご契約いただいているということになります。 そんなトヨクモが単独で利用可能な製品として、約8年ぶりにリリースした新製品が「トヨクモ スケジューラー」です! トヨクモは、誰もがカンタンに利用できるクラウドサービスの開発、提供に拘っています。 この「トヨクモ スケジューラー」もカンタンに予定追加できるので、是非一度触っていただきたいです!!

10名以下でご利用の場合は無料、11名以上でも、1ユーザー〜200円の低価格

月額200円/1ユーザーでご利用いただけます。 ただし、※10ユーザーまでは無料で利用できます。
詳細は料金ページにも掲載しておりますが、プランは下記の通りになります。

 

フリープラン  スタンダードプラン  ビジネスプラン
無料  月額200円/1ユーザー  月額5,000円/30ユーザー
  クレジットカード払い 口座振替/銀行振込

 

スタンダードプランは契約ユーザー数により変動する料金を、クレジットカードで毎月お支払いいただくプランです。 契約ユーザー数の追加/削減はいつでも可能で、その月の契約ユーザー数分のみが請求されます。サービスはいつでも解約でき、解約手数料も発生しません。 ビジネスプランは予め契約したユーザー数でご利用いただき、月払い/年払いが選択できます。30名を超える企業様にお得なプランです。 契約ユーザー数の追加はいつでも可能ですが、削減は、更新時など、年1度の契約内容切替時にのみ可能です。

30日間の無料お試しが可能!

30日間の無料お試しができますので是非一度お試しください。
スケジューラーの無料のお試しはHPの「30日間の無料お試し」からお申し込みください。

宜しくお願いします。  

トヨクモのkintone連携サービスは30日間無料でお試しが可能です。自動で課金が開始されることはございませんので、「やっぱり必要ないな」と感じた時も、特に解約等のご連絡は不要です。以下のボタンよりお気軽にお試しくださいませ。

最新情報をチェックしよう!
>kintone連携サービスの定番【トヨクモ】

kintone連携サービスの定番【トヨクモ】

5000契約以上(2021年4月時点)、 kintone利用ユーザーのうち、5社に1つは使われている定番のkintone連携サービス。 全6製品とも30日間の無料お試しをご用意しております。 お試しはこちらから。

CTR IMG