kintoneで日付・時刻・日時で自動で計算する方法

kintoneには日付・時刻・日時を自動で計算する機能が備わっています。

タスク管理やスケジュール管理に役立つものの、この標準機能は同じアプリやレコード上でしか使えません。

しかし、kintone連携サービス「データコレクト」を導入することで、アプリやレコードを跨いだデータ同士の計算も可能となります。

そこで本記事では、kintoneにおける日付・時刻・日時の計算機能の活用について踏まえた上で、データコレクトの特徴や導入事例を解説します。

kintoneを利用中で日付計算を行いたいとお考えの方、また日付計算機能の活用方法について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事

kintone(キントーン)は、ビジネスアプリ作成のクラウドツールで、サイボウズ株式会社が運営するサービスです。 業務で生じる多量なデータやそれに伴うコメントなどを一元管理でき、最近はCMでもよく見かけるようになりました。 今回[…]

kintoneで日付・時刻・日時の計算を行うシーン

kintoneでは日付・時刻・日時のフィールドをフォームに配置し、計算式から参照して時間や日数を計算できます。
そもそも、日付・時刻・日時の計算機能は、どのような場面で必要となるのでしょうか。

タスクの期限の入力

日時計算機能を使うことで、申請アプリの申請日を入力したり、ToDoリストの期限を入力したりできます。例えば、「レコード作成から〜◯◯日後に資料提出」などといった設定で、ワークフローに応じたタスク管理が可能です。

労働時間の計算

時刻計算機能を使用すれば、一定の時間の長さを自動で割り出せます。
例えば、タイムカードアプリで出勤と退勤時刻を入力するだけで、「◯◯時から◯◯時まで勤務した場合の労働時間」といった時間の差分を計算できます。計算フィールドを使って休憩時間の長さを入力することで、「退勤時刻-出勤時刻-休憩」の計算式で勤務時間を表示することも可能です。

年齢の計算

日付の計算機能は年齢の割り出しにも有効です。
従業員や求人応募者の生年月日を入力するだけで、自動で現在の年齢を計算できます。

kintoneの日付・時刻・日時の計算方法

kintoneの日付・時刻・日時のフィールドの値は、UNIX時刻として扱われます。
UNIX時刻とはUNIXタイムスタンプとも呼ばれ、協定世界時(UTC)の時刻に基づいた、1970年1月1日午前0時0分0秒からの経過秒数のことです。

また、kintoneの日付・時刻・日時の計算は秒単位で行います。つまり、1分間を「60」として、1時間は「3600」または「60*60」、1日は「86400」または「60*60*24」と入力します。

日付・日時

kintoneにおいてN日後の日付を表す計算式は、「日付 + (60*60*24*N)」となります。
例えば、サービスの試用期間(30日間)の終了日を計算したい場合、「申込日 + (60*60*24*30)」と入力することで、自動で日付が割り出されます。
また、フィールドの開始日から終了日までの日数を計算したい場合は、「(終了日-開始日) / (60*60*24)」といった計算式になります。

関連記事

皆さんこんにちは!フリーライター兼インターン生としての活動も最後となりました、小林です! さて、今回はトヨクモの「データコレクト(DataCollect)」を使うことで「kintoneの日付フィールドに編集可能な"何日後"[…]

時刻

kintoneでは時間の差分の計算や、日時と時間の足し算、および引き算も可能です。
例えば、1日の勤務時間を計算する場合の計算式は、「(退勤時刻-出勤時刻)/60/60」となります。また、月の勤務時間合計を求めたい場合は、「SUM(勤務時間)」と入力します。

『データコレクト』で異なるフィールド間の日付計算も可能に

kintoneでは、秒単位での計算式をフィールドに入力することで、様々な日付・時刻・日時の計算が可能です。ただし、kintoneの標準計算機能では、同じアプリやレコード内にあるデータ同士でしか計算ができません。

そこで、トヨクモのkintone連携サービス「データコレクト」を用いることで、異なるアプリやレコードで管理されている日付データ同士の計算もできるようになります。

データコレクトとは、kintone内の複数アプリ間での情報の収集・計算・加工を行えるツールです。IFやSUM、COUNTなどExcelと同様の関数、数式を用いた設定で、各種指標のまとめや予実の管理、残業時間の計算などに活用できます。

また、データコレクトでは、日付や時間を指定した定期実行のスケジュール設定が可能です。売上の週報や月末の請求データ作成の際に役立ちます。
さらに、kintoneアプリで「レコード追加・編集・削除」「ステータス変更」を行ったタイミングで自動集計されるため、リアルタイムで最新の状況を把握可能です。

kintone上の様々なアプリに散在している情報を、データコレクト一つで一元管理できます。

関連記事

データコレクトとは、複数アプリの情報をカンタンに収集・計算・加工できるkintone連携サービスです。 ほとんどエクセルを使ってこなかった相澤が、かなり噛み砕いて説明します!「データコレクトって難しそうだけど何が出来るの?」「設定って[…]

データコレクトを用いた活用事例

出典:株式会社Aoie 様の導入事例

第三者所有モデルの太陽光発電システムの導入支援を行う株式会社Aoie様では、kintoneとデータコレクトを導入し、業務効率化による契約数の増加やコスト削減など、多くの成果を上げています。

営業マンがkintoneの日報アプリにその日のアポ数や訪問件数、成約数などを毎日登録している同社では、従来、管理者が日毎に日報を一つずつ確認する必要があり、月末着地数を瞬時に把握できない状況でした。しかし、データコレクトのリアルタイム自動集計機能の導入により、全体のアポ数や訪問件数、成約数、キャンセル率などが瞬時に集計され、月末着地数をひと目で確認可能に。

また、個人ごとのキャンセル率やアポ数も出るため、営業マンの意識向上にも繋がりました。

同社は数字データの可視化による分析と対策で、契約数2.3倍アップという驚くべき成果を上げています。

また、データコレクトは部材の在庫管理にも活用されています。

入出庫アプリと在庫管理アプリを連携させることで、在庫数が自動で算出され、規定在庫数を下回ったらkintoneから担当者に通知が飛ぶように。直前の割高な仕入れや領収書のチェック作業などがなくなり、経費と工数の削減に成功しました。

さらに、勤怠管理の場面においても、データコレクトの強みである、アプリ間の集計機能が活かされています。

従業員が『出勤管理アプリ』に行う勤怠登録の情報をもとに、従業員ごとの出勤数や残業時間をデータコレクトで集計して、『基本給×出勤数』『割増賃金×残業時間』のような計算式で月給や残業代を割り出しています。

kintone×データコレクトであっという間に日付計算

今回はkintoneの日付・時刻・日時計算機能の特徴や活用方法、kintone連携サービス「データコレクト」の導入事例を紹介しました。

「レコード作成日から◯◯日後の日付を表示したい」「特定のフィールドから◯◯日後の日付を計算したい」といった場面に遭遇した際は、日付・時刻・日時フィールドに計算式を入力し、自動計算機能を活用してみてください。

また、複数のアプリ間を跨いだ計算は、データコレクトにお任せください。


⭐️トヨクモ kintone連携サービスのおすすめポイント⭐️
・kintone標準機能ではできない業務改善を実現
・カンタン・低コストで運用可能
・kintone1ドメインにつき1契約でOK
・10,000契約以上の実績・信頼
・30日間の無料お試しは何度でも可能