kintoneで自動入力する方法3つ|入力業務を効率化する連携サービスも紹介

kintoneを利用する際、何度も同じ情報を入力したり、他アプリが情報をコピーしたりすると、入力作業に大きな負担がかかってしまいます。

実際に、kintoneを運用されている方の中には、「kintoneで自動入力するには?」「自動入力に役立つプラグインを知りたい!」というお悩みを抱える方も少なくないでしょう。

本記事では、kintoneで自動入力する方法3つや、自動入力を補助する連携サービス・プラグイン、kintoneの入力作業を効率化する機能などを紹介します。

kintoneで自動入力する方法

kintoneで自動入力するには、以下のような方法があります。

  • ルックアップを利用する
  • JavaScriptでカスタマイズする
  • プラグインを利用する

ここでは、それぞれの方法について詳しく解説します。

ルックアップを利用する

kintoneのルックアップとは、他のアプリを参照してデータを取得できる機能です。ルックアップ機能を使えば、他アプリのデータを参照して自動入力できます。

たとえば、顧客情報アプリで顧客名を選択すると、住所や電話番号といった関連情報が自動入力されるように設定できるというものです。

簡単な設定で利用できるので、スムーズに他アプリと連携できます。

関連記事

kintoneのルックアップとは、他のアプリを参照し、データを取得できる機能です。 今回は、ルックアップの基本や設定方法、自動取得、一括更新の方法を解説します。 kintoneのルックアップ機能について詳しく理解したいという方は[…]

JavaScriptでカスタマイズする

JavaScriptを使って、kintoneの画面をカスタマイズすることで、自動入力機能を追加することができます。

たとえば、フォームの入力内容に応じて、他のフィールドに自動的に値を設定するなどのカスタマイズが可能です。

ただし、専門知識のあるプログラミング人材がいなければ導入は難しいでしょう。

プラグインを利用する

kintoneには、自動入力機能を提供するプラグインが多数用意されています。プラグインを利用すれば、コードを書かずに簡単に自動入力機能を追加可能です。

プラグインは、簡単な設定で利用できるうえに、さまざまな種類が用意されています。

ただし、無料のプラグインには一部機能が制限されていることも多いので、有料のプラグインを検討することもおすすめです。

kintoneの自動入力を補助する連携サービス・プラグイン4選

ここからは、kintoneの自動入力を補助する連携サービス・プラグインについて解説します。

1. FormBridge


FormBridge(フォームブリッジ)は、kintoneに連携できるWebフォームを作成するサービスです。

FormBridgeで作成した問い合わせフォームやアンケートに入力されたデータは、自動的にkintoneに保存されます。

そのため、顧客やユーザーが入力した情報をkintoneへ転記する必要がなくなり、業務効率が大幅にアップするのがメリットです。

プログラミングの知識がなくても、ドラッグ&ドロップで簡単に操作できるので、5分あればフォームを作成できます。作れるフォームの数は無制限で、回答者がストレスなく入力できるフォームを作成可能です。

2. 項目選択フィールド連動各種設定プラグイン

参照:項目選択フィールド連動各種設定プラグイン|株式会社TIS

次に紹介するのは、株式会社TISが提供する「項目選択フィールド連動各種設定プラグイン」です。

本プラグインでは、選択肢ごとにグループの開閉、必須入力の切り替え、自動入力、自動コピーなどが行えます。

ラジオボタンやチェックボックスフィールドなど、選択肢ごとに入力するべきフィールドをグループ化するケースもあるでしょう。

入力項目の分かりやすさという点では間違いないものの、フィールド群に対して入力を促す機能がなければミスを防止しきれません。

1つのアプリで選択肢フィールドを管理したい場合に役立ちます。

3. 条件分岐処理プラグイン

参照:条件分岐処理プラグイン|株式会社TIS

次に、株式会社TISが提供する「条件分岐処理プラグイン」を紹介します。

kintoneの入力作業において、自動化が難しい処理はラベルフィールドなどを活用しながら、社内ルールでカバーされている方も多いでしょう。

大量の入力作業に追われて入力ミスをしたり、ルールを把握しきれないという場合もあるかもしれません。

本プラグインでは、レコードが条件に該当したら、自動化処理や書式設定、エラーチェックなどを行えるため、入力ミスを減らすことができます。

4. QRコード読み取りプラグイン

参照:QRコード読み取りプラグイン|株式会社TIS

QRコード読み取りプラグインは、kintone単体でQRコードの読み取りを行えるプラグインです。

QRコードの内容を読み取りたい場合は、モバイル端末でQRコードを読み取り、内容をkintoneへ転記する必要があります。

そのため、PCとモバイル端末を併用しながら作業したりと手間がかかっていることもあるでしょう。そのような時に本プラグインを活用することで、QRコード内の情報を自動入力することができます。

kintoneの入力作業を効率化できる機能

kintoneにおいて手動でデータ入力するのは、時間や労力がかかるものです。ここでは、kintoneの入力作業を効率化するための機能をいくつか紹介します。

  • ルックアップ
  • アクション機能
  • 計算×テーブル
  • IF関数
  • 選択肢フィールド

ここでは、それぞれの機能の特徴について紹介します。

ルックアップ

参照:ルックアップとは|kintoneヘルプ

ルックアップ機能を使えば、他のアプリのデータを参照して自動入力することができます。

顧客情報や商品情報などのデータは、他のアプリから取得することで効率的にデータ入力を進められるでしょう。

たとえば、kintoneで管理している顧客情報を参照して請求書を発行したり、商品の在庫管理を行ったりするシーンで活用できます。

アクション機能

参照:アプリアクションでできること|kintoneヘルプ

アクション機能は、指定したアプリに特定のレコードのデータをワンクリックで転記できる機能です。

アクション機能を使うことで、データをコピーして指定したアプリに登録するだけでよいので、データの転記が不要になります。

入力作業を省けるため効率化でき、表記ゆれを防ぐこともできます。

計算×テーブル

参照:テーブル内で行ごとに計算する|kintoneヘルプ

計算×テーブル機能は、数式を使ってフィールドの値を自動計算する機能です。

指定した計算式に沿って、合計金額や時間などといった結果を自動で返すため、入力ミスを防ぎつつ、請求書作成などの作業にかかる負担が大幅に軽減できます。

IF関数

参照:IF関数|kintone

IF関数は、条件に応じて処理を切り替えることができる関数です。

たとえば、顧客のステータスが「ゴールド」の場合は10%オフにする、○点以上なら「再テスト」を表示するといった設定が挙げられます。

設定できる条件は、「等しい」や「いずれかを満たす」など様々なため、柔軟な表示が可能です。

選択肢フィールド

参照:複数選択|kintoneヘルプ

選択肢フィールドは、あらかじめ用意した選択肢から値を選択するフィールドです。

主にラジオボタン、チェックボックス、ドロップダウン、複数選択があります。

たとえば、性別を「男」「女」「その他」から選択するといった設定が可能です。データの入力形式を統一できるので、後からの集計や分析もしやすくなります。

kintoneの自動入力についてのよくある質問

ここからは、kintoneの自動入力についてのよくある質問を紹介します。

自動入力されるフィールドは?

レコード番号:レコードごとにユニークに割り振られる番号
レコード作成日:レコードが作成された日時
作成者:レコードを作成したユーザー
更新日:レコードが最後に更新された日時
更新者:レコードを最後に更新したユーザー

郵便番号から住所を自動入力するには?

郵便番号から住所を自動入力するには、トヨクモのkintone連携サービス「FormBridge(フォームブリッジ)」を利用するのがおすすめです。

FormBridgeは、kintoneへデータが自動で保存されていくWebフォームを作成できるサービスです。FormBridgeで構築したフォームでは、FormBridgeを使うと入力された郵便番号にもとづいて、住所を自動入力することができます。

こうした住所の自動入力によって、住所の入力ミスを減らし、データ入力の効率化を図れるでしょう。

関連記事

こんにちは!矢野です!!今回も今まで同様、トヨクモのkintone連携サービス「フォームブリッジ」に関してです。今回はサンプルカスタマイズを紹介していきます! 今回のテーマは「郵便番号の入力で、住所も自動的に入力されるようにする!!![…]

まとめ:Toyokumo kintoneAppでkintoneをより便利に活用しよう


「kintoneをより便利に使いたい」「kintoneを活用する幅を増やしたい」とお考えの方は、kintone連携サービス「Toyokumo kintoneApp」の利用がおすすめです。

トヨクモのkintone連携サービスは1万契約を突破し、サイボウズのオフィシャルパートナー評価制度においても全製品で受賞と、実績と使いやすさに定評があります。

トヨクモ連携サービスを導入することで、紙の書類を介さず、直接データの書き込みや管理が行えるため、職員の負担軽減や業務効率改善が図れるでしょう。

FormBridge kintoneへデータが自動で保存されていくWebフォームを作成できるサービス
PrintCreator kintoneアプリのデータをPDFで出力できるサービス
kViewer kintoneライセンスがない人に、kintoneアプリのデータを共有できるサービス
kMailer kintoneアプリのデータを引用してメール送信できるサービス
DataCollect 複数のkintoneアプリに登録されたデータを集計できるサービス
kBackup kintoneアプリに登録されたデータを安全にバックアップするサービス

悩みややりたいことに合わせて最適な機能を追加できるので、kintoneと一緒に使いたい便利なサービスをお探しの場合は、30日間無料お試しからぜひ実際の使用感を体感した上でご検討ください。


⭐️トヨクモ kintone連携サービスのおすすめポイント⭐️
・kintone標準機能ではできない業務改善を実現
・カンタン・低コストで運用可能
・kintone1ドメインにつき1契約でOK
・10,000契約以上の実績・信頼
・30日間の無料お試しは何度でも可能